1. ご相談の流れ

ご相談の流れ MSI協同組合について

技能実習生の受入れスケジュール3年間の場合

申込みから入国まで

  • 1 私どもMSI協同組合の職員が受入れ企業様に伺い、技能実習制度について説明をさせていただきます。※技能実習生受入れには、協同組合への加入が必要です。
  • 2 採用国、送り出し機関などを決定し、面接の手配を行います。
  • 3 現地での採用試験は受入れ企業の方が実施しますが、ご要望があれば当組合職員が現地に同行し、サポートいたします。筆記試験、体力検査、工夫を凝らした実技試験、面接など、受入れ企業様のご要望にあった的確な試験実施のコーディネートをします。
  • 4 面接後、採用試験の合格者は、派遣地域にある日本語学習センターで、3ヶ月間日本語学習を実施します。
  • 5 書類を作成し、外国人技能実習機構に提出します。認定通知後、出入国在留管理庁へ在留資格認定証明書交付の申請を行います。
  • 6 送出し機関にて、日本の在外公館に査証を申請します。
  • 7 現地で出国手続きを行い、日本に到着後、入国審査を受けます。このとき上陸許可が出て初めて入国が可能になります。

入国から帰国まで

  • 1 入国した翌日から換算して、約1ヶ月間の講習を実施します。
  • 2 講習が終わりましたら、受入れ企業様との雇用契約に基づき、技能実習計画に合わせた技能実習を行います。このとき企業様には実習生を労働者として雇用するために、労働関係法令が適用されます。
  • 3 技能実習2年目以降は「技能実習2号」へ移行します。この場合、基礎級の技能検定又はそれに準ずる検定若しくは試験に合格することがその要件になっているため、これらを入国後10ヶ月程度で受験します。
  • 4 入国2年目の「技能実習2号」に移行するために、在留資格変更の手続きを実施します。在留資格変更は、1年目の習得度合いを基に許可を受けるものです。
  • 5 「技能実習2号」に移行後も、技能の習熟を目的に、受入れ企業との雇用契約に基づき、技能実習計画に合わせた技能実習を継続します。
  • 6 在留期間更新の手続きを行い技能実習を継続します。
  • 7 技能検定試験などの受験をします。
  • 8 帰国に向けて準備を行います。